不妊

不妊

不妊鍼灸治療で妊娠しやすい カラダづくり
このような症状でお悩みの方に・・・不妊治療の結果がなかなか出ない。冷え症を改善したい。質の良い卵を確保したい。ホルモンバランスの乱れをととのえたい。流産してしまう。着床率を高めたい。免疫力・自然治癒力をアップしたい。

ハリ治療で妊娠率アップ

  • ハリ治療で妊娠率アップ

    体外受精の前後に、女性の体をリラックスさせるハリ治療をすると、妊娠率が大幅に向上するという研究結果をドイツと中国の研究チームがまとめた。

    米生殖医療学会誌に掲載された報告によると、同チームは、体外受精を受ける女性160人を2グループに分け、一方には体外受精の際、受精卵を子宮に戻す前後にハリ治療を実施。
    残りのグループには、ハリ治療をせず通常の体外受精を行った。

    その結果、ハリ治療グループの妊娠率は42.5%に上り、通常治療の26.3%を大幅に上回った。
    体外受精の妊娠率は、高くても3割程度とされ、繰り返し治療を受けるカップルの精神的、金銭的な負担が問題になっている。
    妊娠率が向上する詳しい理由は分からないが、同学会のサンドラ・カーソン次期会長は「確実に検証されれば、妊娠率向上に役立つ手法になる可能性がある」と注目している。

  • 鍼灸(はりきゅう)治療で体質を改善

    鍼灸などの東洋医学は不妊症に効果があると、妊娠を希望される多くの方に理解されつつあります。
    当院にも「不妊症には鍼灸治療がいいと聞いたので・・・」と、知り合いに勧められて来院される患者さまが増えています。

    鍼灸治療では、さまざまな効果が得られます。

    ・ 体質を改善して健康なカラダづくり
    ・ 血液の循環を促す
    ・ 自律神経をととのえる
    ・ 気・血・水のバランスを調整する
    ・ ストレス緩和によるリラックス効果
    ・ 自然治癒力や免疫力を高める

    東洋医学では、すべての疾病は臓器全体のバランスの乱れによって生じるものと考えています。
    そのためにも赤ちゃんを望むなら、まずは心身のアンバランスをととのえて母体の健康状態を安定させることがもっとも重要です。

    不妊はWHO(世界保健機構)でも鍼灸療法の有効性が認められており、また2008年の英国医師会誌『BMJ』には「体外受精(IVF)を受ける女性が同時に鍼灸治療を受けると、妊娠の確率が65%高くなる」ことが掲載されています。

    体質を改善して卵子の質がよくなれば、妊娠する確率がぐんとアップします。

  • 良質な卵づくり

    ご存知のとおり卵巣内の卵子は、生まれた時から数が決まっていて新しく作られることはありません。
    当然、年齢とともに卵子の数は少なくなってきます。

    しかし、いくら年齢が若くて卵の数が多くても、卵の質が悪ければ妊娠率は低下します。

    大切なのは、どのようにして残された卵子の質を高めるか、ということです。

    良質な卵を作るには、体質改善とともに今までの生活習慣を見直す必要があります。

    まずは
    1.カラダが喜ぶ食事をとること
    2.胃腸をととのえて消化吸収を高めること
    3.血流をよくすること
     が大切です。

    どんなに栄養価の高い食事をとっても、吸収されなければそのまま排出されてしまいます。
    また、血液が汚れていたり血流が悪ければせっかく吸収された栄養素を卵巣まで届けることができません。

    消化器のはたらきや血液の循環には、自律神経も大きく関わっています。

  • 西洋医学との併用

    まずは病院で検査を受けましょう!

    当院を訪れる半数以上の患者さまが病院(クリニック)に通いながら鍼灸治療をうけています。
    病院(クリニック)での不妊治療と併用して鍼灸治療をうけることで、明らかに妊娠率が上がることも最近の研究で分かっています。

    いつごろから鍼灸治療をはじめたらよいか悩んでいらっしゃる方も多いかと思いますが、どのタイミングから始められてもプラスに働くことは確かです

    ただ、鍼灸治療をうけたらすぐに体質がガラリを変わるわけではありません。
    治療を重ねることで妊娠しやすいカラダへと改善しますので、早ければ早いほうが効果的です。

    西洋医学だけでは、また東洋医学だけでは不足しがちな部分を補い合って互いの恩恵を享受することは、大切な時間をムダにしないためにもとても有効であるといえます。

  • Q

    鍼灸は不妊治療に本当に効果があるのでしょうか?

  • A

    東洋医学では不妊症を「不孕(ふよう)」と称し、数千年も前から不妊に取り組んできた歴史があります。
    不妊治療における鍼灸は、不妊症の根本的な原因を治療するというよりも、自然治癒力を高めて妊娠しやすいカラダを作るのが目的です。
    鍼灸を受けると下記のような効果が期待できます。

    ・ 血行がよくなり、冷えが改善される
    ・ 自律神経やホルモンバランスの乱れを整える
    ・ 子宮や卵巣のはたらきが改善される
    ・ リラックス効果でストレスを解消する

    西洋医学には『冷え』という概念がないため治療方法も確立しておらず、検査結果に異常が見つからなければ原因不明の不妊と診断されてしまいます。
    しかし東洋では、レントゲンや血液検査のない時代から独自の治療法で血液のめぐりや体質を改善し、心身のバランスをととのえて妊娠しやすいカラダづくりをしてきました。
    西洋医学とはまったく違った角度からカラダを見つめ、病んでいる一部だけを診るのではなく、一人ひとりの患者さまにあわせて最善となる治療方針が決められる点こそ鍼灸治療の大きな強みといえるでしょう。

  • Q

    いつごろから鍼灸治療をはじめたらよいのですか?

  • A

    生理周期を気にされる方もいらっしゃいますが、どのタイミングから始められてもかまいません。鍼灸治療は、治療を受けたらすぐに体質がガラリと変わるわけではなく、治療を重ねることで妊娠しやすいカラダへと改善しますので、早ければ早いほうが効果的です。

  • Q

    どのくらいのペースで通えばいいのですか?

  • A

    月経周期を「月経期」「卵胞期」「排卵期」「黄体期」と4つに分けて、それぞれの時期にあわせた施術をおこないますので、基本的には1週間に1回の施術を受けられるのがベストです。
    高度生殖医療における胚移植前後に鍼灸治療を受けることで着床率が向上したというデータもありますので、患者さまの状態にあわせて治療日をこちらで指定させていただく場合もございます。

  • Q

    どのくらいの年齢の方が通院してますか?

  • A

    20代から40代の方まで来院されています。
    30代の患者さまがもっとも多く来られています。

  • Q

    どんな服装で行けば良いのですか?

  • A

    普段着のままでかまいません。
    はり灸治療をおこなうツボは、お身体の状態によって異なりますが背中やお腹に施術をする場合でも患者衣をご用意していますのでご安心ください。

  • Q

    衛生的に問題はないですか?

  • A

    使用する鍼は、滅菌されたディスポーサブル鍼(使い捨ての鍼)を使用しています。
    感染の心配はまったくありませんのでご安心ください。

  • Q

    病院で不妊治療を受けながら、鍼灸治療を並行しても大丈夫ですか?

  • A

    問題ありません。半数以上の患者さまが病院(クリニック)に通いながら鍼灸治療を受けられています。むしろ、不妊治療と併用して鍼灸治療をうけることで妊娠の確率が大幅に高まることも最近の研究で分かっています。


《完全予約制》 今すぐお電話を!
0524147867
※ スマホの方は上の電話番号をタップしてください。