当院の不妊治療について

当院の不妊治療について

  • 天使のはね鍼灸院では、ひとりひとりの患者さまのカラダにあわせたオーダーメイドの鍼灸治療で妊娠しやすいカラダづくりを行い、「赤ちゃんが欲しい」と願う想いを全力でサポートいたします。

    1. 質の良い卵づくり
    2. 着床しやすい子宮環境をつくる
    3. 骨盤内の血流をよくして、妊娠率を高  める
    4. ストレスの緩和とリラックス効果
    5. 体質を改善して妊娠に備えたカラダづ  くり

    鍼やお灸の利点は、不妊症に効果のある経穴(ツボ)へ治療できることはもちろんですが、一人ひとりの患者さまにあわせて最善となる治療方針を決められる点だと考えます。
    気の流れをととのえることで血行もよくなり、カラダの内側から温かくなります。カラダの緊張が緩めばリラックス効果が期待できますので、不妊治療にともなうストレスをやわらげ、ホルモンバランスが整います。

    自律神経バランスをととのえることで子宮へもじゅうぶんに血液がめぐり、いつも温かくてふかふかした内膜のベッド(子宮環境)を準備することができるのです。

    不妊治療がうまくいかずに思いつめている方、原因不明不妊でお悩みの方は、ぜひ鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

  • 【吸い玉(カッピング)療法】


    吸い玉(カッピング)は吸角ともいい、数千年の歴史をもつ中国の民間療法です。
    皮膚にカップを吸着させて真空吸引して血管に溜まった老廃物を吸い上げ、血液やリンパの流れを改善します。

  • きれいな血液こそが全身の健康

    東洋医学では、血液の流れが悪くなった状態を「瘀血(おけつ)」といいます。
    本来なら、きれいでサラサラした血液が全身を流れているのが理想的ですが、活性酸素や有害物質によって血液が汚れたり、ドロドロになって滞った状態になることでカラダのいろいろなところで障害を引き起こします。

    「痛み・しこり・黒ずみ」は瘀血の三大特徴ともいわれ、肩こりや頭痛、生理痛や月経不順のほかにお肌のくすみやシミ、目の下のくまなども「瘀血(おけつ)」が原因といえます。

  • 【サン・ビーマー(遠赤外線応用治療器)】


    現在、50施設以上の不妊専門レディースクリニックで利用されています



    サン・ビーマーとは、8~15ミクロンの波長で人体に有効に作用する遠赤外線を応用した温熱照射機器です。

    遠赤外線の中でもとくに8~15ミクロンの波長が人体には効果的であると証明されています。
    この波長帯域は人体から放射されている波長と同一であるため、深部まで到達して内部からカラダを温めます。

    電気毛布やコタツとは異なり、皮下深層部の温度が上昇して毛細血管が拡張されます。
    その結果、血流の改善や代謝の促進、自然治癒力・免疫力の向上などにつながり、排卵の誘発卵胞の発育を促す働きが期待できます。
    また、生理痛・月経不順・冷え症・便秘・不眠症などにも効果的です。

    不妊に悩むかたは、ただでさえ大きなストレスを抱えています。
    カラダを深部から温めることで緊張が緩和され、心からリラックスできることがホルモンバランスの調整にもつながると考えます。

  • 不妊専門医の学会発表でも

    ・卵巣の血流がよくなる
    ・卵胞および卵子の発育に好影響
    ・胚盤胞の到達率が高くなる

    などを含め、数多くの妊娠例が報告されています。

  • 第28回 日本受精着床学会学術講演会
    「遠赤外線照射機器を用いた温熱療法がART不成功例にもたらす効果」
    第46回 日本不妊学会学術講演会
    「遠赤外線にて妊娠に至った10不妊症例」
    第48回 日本不妊学会学術講演会
    「遠赤外線を併用した50妊娠症例」
    第50回 日本不妊学会学術講演会
    「遠赤外線を併用した80妊娠症例の検討」
    「遠赤外線療法の効果と思われるART反復不成功例」
    第55回 日本生殖医学会学術講演会
    「袁世凱線照射機器を用いた温熱療法」
    第74回 日産婦愛知地方部会学術講演会
    「遠赤外線照射による卵胞発育への補助効果の検討」
    第105回 日本産婦人科学会関東連合地方部会
    「ART進歩と現状と未来予測」
    第122回 日本不妊学会関東部会学術講演会
    「遠赤外線治療が有効だった3不妊症例」

 

治療期間

  • 『どのくらい通えばいいのでしょうか?』
    というご質問をよくいただきます。

    治療効果が出てくるまでの期間は、年齢や不妊要因、患者さまのカラダの状態などで大きな差が出ます。

    月経周期を「月経期」「卵胞期」「排卵期」「黄体期」と4つに分けて、それぞれの時期にあわせた施術をおこないますので、基本的には1週間に1回の施術を受けられるのがベストです。
    月経周期やホルモンバランスの乱れがちな方や、高度生殖医療を長い間つづけてきた方は、まずカラダを立て直すための時間がどうしても必要となります。

    卵巣の中にある卵子のもととなる細胞が、生殖ホルモンの影響を受けて発育・成熟して良質な卵になるためには3周期(約3ヶ月)必要です。
    同時に体質を改善して内臓および心身のバランスを整えて、本来もっている自然治癒力や免疫力を高めることで、ようやく妊娠しやすいカラダになります。

    たしかにとても早い周期に成功する方もいらっしゃいますが、最低でも半年から1年くらいはかかると思っていてください。

    『妊娠は卵で決まる』とも言われます。

    元気で良質な卵であれば、どこにでも着床するほどのチカラを持っています。
    また、質の良い卵だけでなく、受精卵が着床しやすい子宮環境をつくることがとても大切になります。
    鍼灸治療によって良質な卵、理想的な子宮環境が得られれば、今よりもさらに妊娠率をぐんと上げることができます。
    焦るお気持ちはじゅうぶん分かりますが、カラダが赤ちゃんを迎える状態にすることを最優先に考えるべきです。

    私どもも出来るかぎりの手を尽くして治療してまいりますので、まずは土台となる健康なカラダづくりにチカラを注いで、質の良い卵と受精・着床しやすい妊娠力と、赤ちゃんがすくすくと育つ妊娠維持力をつけましょう。

料金

料金は税込になります

初診料 2,160円

  • 【初めての方は別途初診料が必要です】

     予約時に、「ホームページを見た」と伝えて下さい。
    ●初診料が、¥3240 ⇒ ¥1620 (半額になります !! )

鍼灸治療

  • はりきゅう全身治療             5,600円

    初回お試しプラン(20%OFF)         4,480円

  • 所要時間について

    初診時には、今のカラダの状態やこれまで取り組んできた妊活および不妊治療を把握するために、じゅうぶんな時間をかけてヒアリングを行います。
    そのため、初回のみ所要時間が最低でも2時間はかかりますので、あらかじめ時間にゆとりを持ってお越しください。
    2診目以降は治療内容によって多少前後する場合はございますが、およそ1時間です。

オプションメニュー

  • 吸い玉(カッピング)+サン・ビーマー    1,350円

    皮膚にカップを吸着させて真空吸引し、体内に溜まった毒素を吸い上げて血液やリンパの流れを改善します。
    血液の流れが悪くなった状態を瘀血(おけつ)といい、「痛み・しこり・黒ずみ」は三大特徴ともいわれています。
    肩や首すじがこる、頭痛、生理痛や生理不順、経血が黒い、塊が混じるなどは瘀血の症状です。

  • 妊娠整体                  1,350円

    ボキボキしないソフトな整体です。
    骨盤のゆがみをととのえて、血液の流れを改善します。

  • サン・ビーマー                700円

    人体から放射される生体エネルギーと同一波長(10ミクロン前後)の遠赤外線が深部まで到達し、子宮・卵巣・骨盤内の血流を改善して排卵の誘発や卵胞の発育を助けます。

  • 耳つぼ                    300円

    1ミリほどの小さな金の粒で妊娠力アップに効果的なツボ(両耳)を刺激します。
    肌色のテープ(医療用)で貼りますので、ほとんど目立ちません。

プリペイドカードのごあんない

  • 21,000円分 → 20,000円(1,000円お得!)
    44,000円分 → 40,000円(4,000円お得!)
    69,000円分 → 60,000円(9,000円お得!)


    継続して治療を希望される患者さまには、プリペイドカード利用をおすすめしています。

    1.ご家族での共有が可能です
    2.他のサービスとの併用はできません
    3.商品購入にも使用できます
    4.ご購入にはクレジットカードがご利用いただけます
    5.有効期間は1年です
    6.記載内容は予告なく変更する場合がございます

Q&A

  • Q

    いつごろから鍼灸治療をはじめたらよいのですか?

  • A

    生理周期を気にされる方もいらっしゃいますが、どのタイミングから始められてもかまいません。鍼灸治療は、治療を受けたらすぐに体質がガラリと変わるわけではなく、治療を重ねることで妊娠しやすいカラダへと改善しますので、早ければ早いほうが効果的です。

  • Q

    どのくらいのペースで通えばいいのですか?

  • A

    月経周期を「月経期」「卵胞期」「排卵期」「黄体期」と4つに分けて、それぞれの時期にあわせた施術をおこないますので、基本的には1週間に1回の施術を受けられるのがベストです。
    高度生殖医療における胚移植前後に鍼灸治療を受けることで着床率が向上したというデータもありますので、患者さまの状態にあわせて治療日をこちらで指定させていただく場合もございます。

  • Q

    どのくらいの年齢の方が通院してますか?

  • A

    20代から40代の方まで来院されています。
    30代の患者さまがもっとも多く来られています。

  • Q

    どんな服装で行けば良いのですか?

  • A

    普段着のままでかまいません。
    はり灸治療をおこなうツボは、お身体の状態によって異なりますが背中やお腹に施術をする場合でも患者衣をご用意していますのでご安心ください。

  • Q

    衛生的に問題はないですか?

  • A

    使用する鍼は、滅菌されたディスポーサブル鍼(使い捨ての鍼)を使用しています。
    感染の心配はまったくありませんのでご安心ください。

  • Q

    病院で不妊治療を受けながら、鍼灸治療を並行しても大丈夫ですか?

  • A

    問題ありません。半数以上の患者さまが病院(クリニック)に通いながら鍼灸治療を受けられています。むしろ、不妊治療と併用して鍼灸治療をうけることで妊娠の確率が大幅に高まることも最近の研究で分かっています。

<< 東洋医学における不妊治療について                   関連新聞記事 >>


《完全予約制》 今すぐお電話を!
0524147867
                       ※ スマホの方は上の電話番号をタップしてください。